運行管理システムについて詳しく解説

運行管理システムとは、運輸業や輸送業を行っている場合に使われるもので、車両の運行状態を管理し適切かつ効率よく走らせるためのシステムです。一般的に運行管理が使われてきた分野としては鉄道が中心でしたが、IT技術の向上により容易に車両や目的地との通信が可能になったこともあり、あらゆる運輸業や輸送業に導入が可能になっています。基本的なシステムの仕組みとしては、リアルタイムでの情報把握とその情報の記録です。これらの情報をもとに、運行計画を建て効率よく車両を運行させることになります。また末端の車両に対して指示を出すといったこともシステムの最大のポイントで、効率の良いルートを指定することで、運行距離を短縮することができ燃料費のコストカットや時間の節約を行うことができます。

運行管理システムを導入するには

運行管理システムを導入する場合には、それぞれの業種に合わせたシステムを導入する必要があります。特にこのシステムでは、業者や会社によって大きくその内容が異なりますし、管理をしたい範囲も変わってきます。このようなことから導入するさいにはシステムをカスタマイズして導入するのが一般的です。特に輸送業の管理システムでは、車両の管理のほか荷物の管理も同時に行うことになります。このため荷受から配車もシステムに含まれますし、料金の請求処理や支払い処理、また経理処理や経費処理などを一括して行うことになるため経理システムと組み合わせることで効率を良くすることができます。また専用の端末を導入することなどで、入力業務を軽減することも出来ますが、その分システムにかかる導入費用が高くなります。

運行管理システムを導入するための費用

運行管理システムを導入するための費用は、システムの規模によって変わってきます。大規模なものであれば本格的なシステムを作り上げる必要がありますし、拠点が複数ある場合には、それらに合わせてシステムを導入する必要があり、数千万円程度掛かる場合もあります。その一方で既存のシステムを用いたもので、比較的簡易なものであれば数百万円程度で導入することが可能です。この場合には携帯電話会社の回線網を使って行うもので、既成の装置を使うことで導入できます。さらに簡易なものであれば、通信が出来るタブレット端末を用いて行うケースもあります。一方でシステムを導入しても車両との通信を行うための機器の通信費用などが必要になりますが、拠点でのみ情報を記録するといった場合には通信費用を抑えることができます。