ここがすごい運行管理システムのメリット

運行管理システムは交通機関や物流の世界で活躍する管理システムの一つです。特に航空業界における管理システムは正確性につながる効果を持っており、日本の航空会社や空港が世界に誇れる正確性を誇れるのです。飛行機が正確に出発するためには、航空会社だけでなく空港の管理も必要になります。特に混雑時には発券から手荷物預かり、保安検査、搭乗まで一連の流れがありますが、これをよりスムーズに行う必要があります。運行管理は機械化されており、どのお客様がどの状態にあるのかを一元管理することが可能なのです。多ければ一便に搭乗するお客様は500名近くになります。その500名全員が、時間通りに登場しなければ、定刻に出発することができないのです。電車であれば、ドアを閉めればそのまま出発できますが、飛行機はそうはいかないのです。

人に力によって運行管理システムは実現している

荷物の預かりなどがあるため、もし搭乗しないお客様がいるのであれば、荷物を降ろさなければならないなど定刻に出発するハードルが高いのです。そして保安検査を通過しているのであれば、探すなどスタッフの人的努力が正確性を築きあげているのです。また飛行機の準備作業も時間との戦いになります。前の便が遅れて到着すればその分準備する時間は少なくなります。限られて時間の中で、より早く準備を進める工夫がなされているのです。これは新幹線などの折返し時に行われる清掃スタッフの活動なども同様なのです。もちろん前提としてこれを可能にするために普段からの整備を完璧にこなし、運行時にトラブルを生じさせない日常的な管理も裏で重要な作業なのです。これらが組み合わさって、世界に誇れる運行管理を実現できているのです。

技術力の高さから世界から信頼されている

電車の運行は、秒単位での運行を行っています。これを可能にしているのも運行管理システムです。人間の目で把握できない点や気づかない点は機械で判別します。機会が人間のサポートを行う事で秒単位まで正確に運行することを可能にしているのです。特に新幹線はスピードが出ています。しかしその駅での到着の誤差はほとんどないに等しい状況です。これは在来線以上に管理システムが厳しく、車両に自動的に制御をかけることも可能にしているからです。日本が誇るこの技術は海外にも輸出されています。技術力はかつては建設技術や車両の安全性の高さなどが中心でしたが、最近では運行管理も含めたトータル管理の技術を輸出するようになっています。技術を伝授するためのスタッフの派遣など日本の信頼性は高くなっているのです。