安全管理に役立つ運行管理システム

運送業や高速バスなど、長距離・長時間の運転を強いられる業界ではドライバーの人手不足が問題となっています。その結果としてドライバーの負担が増大し、無理な運行計画による過労運転が事故につながっています。一方では安全意識の低いドライバーによる危険運転も事故を招き、会社側が賠償責任を負うケースも出ています。そうした事故を防止するためには、ドライバーの安全意識を高めると同時に安全な運行計画も必要です。安全対策としては、以前なら単に口頭注意だけで済ませていました。現在ではさまざまなIT技術を駆使した運行管理システムを導入することで、運行状況を管理しながら安全対策を練ることも可能になっています。本来であれば無駄のない配車システムやエコドライブの推進など、業務効率化を目的として導入されるシステムです。過労運転や危険運転による事故多発を背景に、近年では安全対策機能をシステムに融合させた製品が増えてきました。

安全管理を効率化できる運行管理システム

運行管理システムにも多くの製品が存在する中で、安全対策を目的として導入するなら安全運転管理機能の充実した製品が適しています。大半の製品はGPS機能との連携により、車両1台1台の動きを事務所から一元管理することが可能です。こうした機能を使えばドライバーの現在地を常時把握できるばかりでなく、運転特性や運転時のクセをデータ化して運転指導に役立てることができるのです。また走行軌跡や走行履歴も記録として残りますので、安全度に応じた点数化によりドライバーの安全意識も高まります。安全運転指導を通じてドライバーの運転技術も向上すると期待されます。運転免許証を使った勤怠管理システムと統合すれば、過重労働を原因とする事故防止にも役立ちます。最近ではデジタル式運行記録計を導入する企業も増えてきました。車両運行の速度や時間を自動的に記録するこの装置と連動したシステムなら、ドライバーの安全管理もさらに徹底できます。

安全管理を効率化できる運行管理システム

現在ではバス業界やタクシー業界ばかりでなく、運送業界でも映像記録型ドライブレコーダーの導入が進んでいます。万一の事故の際もドライブレコーダーの映像が残されていれば、原因究明に役立つのは間違いありません。そうした映像は事故の再発防止教育に極めて高い効果を発揮します。このようなドライブレコーダーを標準装備した運行管理システムを導入することで、より高度な安全管理が可能になるのです。安全運行に役立つ管理システムは、車両との通信を3G回線を通じて行なうクラウド型が近年の新たな主流です。社内コンピュータへのインストールが不要で手軽に利用できることから、クラウド型システムを導入する企業が増えているのです。こうしたシステムによって、かつては運転手個人の裁量に頼っていた部分を会社側で一元管理することが可能になりました。安全管理を徹底させていけば多くの事故を未然に防止し、安全な業務遂行が実現されます。